タケベ無線本店の最近のブログ記事

タケベ無線鯖江本店

| トラックバック(0)

 

タケベ無線鯖江本店に取材に行ってきました。

o0640048011610619692.jpg 

 

タケベ無線は家電総合専門店であり、グループ会社です。

今回は、㈱タケベ無線の竹部社長に取材させていただきました。

取材内容は、ほぼ本店のことについて伺いました。

まず、タケベ無線本店以外に、「BOOK OFF」、「HARD OFF」、「OFF HOUSE」、「Hobby OFF」があります。

「BOOK OFF」や「HARD OFF」は、福井県にもいくつかありますが、タケベグループのお店とそうではないお店の違いを伺いましたひらめき電球

福井県の南側にある「BOOK OFF」はタケベグループの店舗だそうです。

 

img20100402[1].jpg

 

また、福井県と滋賀県にある「HARD OFF」」、「OFF HOUSE」、「Hobby OFF」は、全てタケベグループになるそうです。

家電店が上手くいっていたため、「BOOK OFF」や「HARD OFF」などに取り組むのは、少し遅かったとおっしゃっていました。

しかし、環境の変化によって変わるところは変わらないといけないとおっしゃっていました。

そして、家電店以外に、「BOOK OFF」、「HARD OFF」、「OFF HOUSE」、「Hobby OFF」を始められたそうです。

変わるためには今まであったことを捨てることが大切だとおっしゃっていました。

また、世の中も常に変化しているので、常に変化が大切だとおっしゃっていました。


 

お店のことについて伺いましたひらめき電球

営業時間は午前9時30分~午後8時までです。

定休日はお正月のみで、年中無休です。

「タケベ無線 本店」で働いている方は、10人です。

また、全店合わせるとアルバイトやパートも含み、140人だそうです。

お店は今年で、64年目になるそうです。


 

お店の名前の「無線」という意味を伺いましたひらめき電球

創業者である先代が「一級無線技術士」の免許を持っていらっしゃったそうです。

「一級無線技術士」の免許は、当時、福井では2人しか持っていなかったそうです。

凄い免許だったこともあってそこから「無線」を取り、名前を付けられたのではないかとおっしゃっていました。


 

お客様はどのような方が多いか伺いましたひらめき電球

家電では、地域(特に鯖江)の方が多いとおっしゃっていました。
昔は丹南地区にタケベ無線の家電のお店が4店舗あり、30~40%のシェアがあったそです。

そのお客様たちの中で、今も利用されているお客様もいらっしゃるそうです。


 

お店の様子黄色い花
o0640048011612817667.jpg   o0640048011612817668.jpg

o0640048011612817671.jpg   o0640048011612818585.jpg


 

お店の自慢を伺いましたひらめき電球

早くお客様のご要望に対処することだとおっしゃっていました。

高齢のお客さんが増えているので、きちんと説明書を読まずに商品を使用されるお客様もいらっしゃるそうです。

そんなお客様のところへお伺いするスピードを早くし、しっかり丁寧な対応を心掛けているとおっしゃっていました。
また、商品知識をしっかりつけ、お客様に尋ねられてもお答え出来るよう、新商品に対する勉強を行っているとおっしゃっていました。

そして、タケベグループの1つ、「ドクタームセン」という家電の修理専門店とのタイアップだとおっしゃっていました。

昔から力を入れていることだそうです。

また、ドクタームセンでは、お店で買った商品でなくても修理してもらえるそうです。
昔はタケベ無線の本店のすぐ隣にあり、当時は家電店と修理専門店が一緒にあることは珍しかったそうです。


 

お店のこだわりや力を入れていることを伺いましたひらめき電球

新しい商品には早く取り組むことだとおっしゃっていました。

また、新しい情報を取り入れ、お客様に教えてあげることだそうです。


 

お客様に人気の商品や良く売れている商品、お勧めの商品を伺いましたひらめき電球

つい最近までは、テレビが売れていたそうですテレビ
o0640048011612818584.jpg   o0640048011612818588.jpg
 

そして、今は「LED」だそうです。

「LED照明器」は、今売れている商品であり、今から売れていく商品だとおっしゃっていました。

そして、お勧めの商品だとおっしゃっていました。

LEDは4万時間持つそうで、年数にするとなんと約10年持つらしいです。

蛍光灯が切れて、新しく変えなければいけない・・・という手間も省けますし、LEDは普通の照明器に比べて節電に繋がります。

照明電気の量が半分になるとおっしゃっていました。

地震の影響もあり、今、国をあげて節電をしているので、LED照明器を使用することは家庭で出来る節電だとおっしゃっていました。

約10年変えなくて良い上に、節電に繋がるのは一石二鳥だと思いました!!キラキラ

まだLEDの照明機器でない方は、ぜひタケベ無線さんでご購入下さい。
o0640048011612817670.jpg   o0640048011612818587.jpg


 

一番取り扱いの多い商品やサービスを伺いましたひらめき電球

テレビや冷蔵庫だそうです。

また、季節によって変わりますが、エアコンもだとおっしゃっていました。

o0640048011612817669.jpg   o0640048011612819147.jpg


 

他の家電店に負けない「タケベ無線の強みや勝っていること」を伺いましたひらめき電球

・スタッフがいるからすぐにお客様のところへ伺うことが出来ること

・ドクタームセンがあるからどんな修理も出来ること

メーカーとの絆が強く、価格対応が出来ること

メーカーとの太い物流のコネクションを持っていること

だとおっしゃっていました。

また、メーカーとの太い物流のコネクションを持っていることは強みでもあるとおっしゃっていました。
 

働いている中で一番嬉しかったことや感動したことを伺いましたひらめき電球

会社の社員の方の結婚式で、社員の方やご家族が嬉しそうな顔・幸せそうな顔をしているのを見たときだとおっしゃっていました。

社員の方は、この家族の笑顔のために仕事をしていると思い、社長さんも社員のためや社員の家族のためにしっかりしなければと思われるそうです。
また、お客様から感謝されたり、喜んで頂けたときが嬉しいとおっしゃっていました。

取材した多くのお店の方から、お客様のエピソードで「嬉しかった・感動したお話」は伺いましたが、社員の方の「嬉しかった・感動したお話」は初めて伺いました。

暖かいお話だなと思い、そう思える社長さんやそう思われる社員の方々は幸せだなぁとお話を伺っていて思いました音譜キラキラ


 

これからこの「商店街」や「鯖江市」がどのようになっていってほしいか伺いましたひらめき電球

・他の商店街に比べて、鯖江の商店街は頑張っている

・商店街があることによって便利、残ってほしいと思ってもらえる商店街になっていってほしい

・ショッピングセンターではカバーしきれないものもあるが、商店街はそれを持っている

・商店街は住みよい場所であり、地域地域であるべきもの

・遠くに買い物へ行くことの出来ないお年寄りのためにも、商店街とは社会的使命である

と、おっしゃっていました。

また、跡取りのいないお店は、別の人にお店を任せたりするなどバトンタッチをすることも大切なのではないかとおっしゃっていました。
 

「タケベ無線」として、これからどのようなことを行っていきたいか伺いましたひらめき電球

新しいビジネスを行っていきたいとおっしゃっていました。

その中で、「レッドオーシャン」と「ブルーオーシャン」という言葉を教えて頂きました。
「レッドオーシャン」とは、競争の激しい既存の市場のことで、まさに今の家電業界のことだそうです。
「ブルーオーシャン」とは、競争のない新しい分野で、今から成長していく新規開拓市場のことだそうです。

竹部社長は、「レッドオーシャン」の中から新しい創造が出来てくるため、競争は激しいが切磋琢磨し、新しいビジネスを開拓していきたいとおっしゃっていました。

そして、家電を継続させていけるポイントだとおっしゃっていました。

サバイバルに生き残るためには、日々考えることが大切だとおっしゃっていました。

また、変化が起きることはチャンスであり、面白いことだとおっしゃっていました。


 

お店の様子2黄色い花
o0640048011612819146.jpg   o0640048011612819447.jpg


o0640048011612819448.jpg   o0640048011612819157.jpg


 

らてんぽへのご要望を伺いましたひらめき電球

まちの中にある場所だから、憩いの場であり、気軽に行ける場であるとおっしゃっていただけました。

しかし、「何をしている?」、「相手にしてもらえるのか?」など良く知らない方は、不安な方や入りづらい方がいるからそこはもっとアピールしたり定めていかなければいけないとアドバイスいただきました。

そして、どういう場所か極めたいのであれば、深くしていかなくてはいけないとアドバイスいただきました。

また、冬は寒いので寒さ対策が必要だとおっしゃっていたので、どれだけ寒いか体験したことがないので私はまだわからないのですが、相当寒いそうなので、らてんぽ自体常に暖かくなっていればいいなと思いますし、そうしていきたいと思います。
 



 

タケベ無線(鯖江本店)の詳しいお問合せ先は、以下の通りです。

住   所:〒916- 福井県鯖江市本町3丁目1-15

電話番号:0778-51-2233

ホームページアドレス:http://www.takebe-m.co.jp/

営業時間:午前9時30分~午後8時 お正月のみお休み

 

ホームページでは、お店のことについて更に詳しく書かれています。

ぜひご覧下さい。


 

トナーカートリッジの回収ボックスもありました!!
o0480064011612819148.jpg 




 

たくさんお店のお話やアピールをして頂いたのですが、

最後に・・・

お店のアピールをお願いします!

真心サービスを行っています。

また、新しい商品情報の提案もしています。

そして、どんなメーカーのどんな商品でもお取り扱いさせて頂きます。

今は家電の宣伝をしていませんが、強い物流を持っていて、競合店に負けない力を持っています

まだタケベ無線へ行ったことがない方は、ぜひ行って見て下さい!!キラキラ

たくさんの商品が揃っており、対応の良いスタッフの方たちが迎えて下さるのではないでしょうか音譜


 

竹部社長、タケベ無線の皆さん、お忙しいところありがとうございました。

社長さんの貴重なお話や内容の濃いお話を伺うことができ、とても勉強になりました。

お店のお話とは少し違うかも知れませんが、社長さんが趣味についてお話をしていて、私が特に納得した言葉があります。

「趣味は心の空白を埋めるもの」という言葉ですねこへび音譜

その言葉を伺い、「なるほど!確かにそうだ!」と思いました。

言われてみればそうだと思うのですが、その言葉を伺わなかったら気付かなかったなと思いました。

その言葉を考えながら、新しい趣味を探していきたいと思います星キラキラ

ありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。




 

tomo

 

お店紹介

らてんぽ若いスタッフの目線で商店街のお店を紹介します

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja