●呉服の最近のブログ記事

きものサロンまるよ

| トラックバック(0)
 
『きものサロンまるよ』さんへ取材に行ってきました。

 

o0800053312022116678[1].jpg


若干緊張していたので一段落です!!^^

取材は前任者の盛川さんがずっと続けてきたことで、
商店街のお店などへ取材にまわり、
それを自分の言葉にしてブログに綴っていたのです。


それを私たちが引き継ぎまして、
今回は私たちにとって初めての取材ということもありましたので
らてんぽの管理人でもある、倉橋さんのところへ取材させていただきました!


まるよさんへの取材は盛川さんのと合わせると2回目になりましたが、
今回は前回の取材を踏まえまして、確認も兼ねて色々とお聞きしてきましたので、
ご紹介させていただきます^^
倉橋さんはお出かけ中で、後からの合流になりましたので、
主に奥様に質問させていただきました。




はい、ではまずは【お店】についてお伺いしました!

★営業時間:AM9:00~PM7:30

★定休日:毎月6.16.26日の6の付く日を改めまして、
       今年から毎週木曜日が休みになりました。
       これは奥様が「ちりめん教室」を開いていまして、
       休みを調整するのが大変になったためだそうです。
       ※ちなみに、木曜日は市民ホールや他のお店も
        だいたいお休みになっています。

★従業員:倉橋さん夫婦と女性の方1名の3人。
       この女性の方は奥様が嫁ぐ前から働いていらっしゃるベテランさん。 
       しかし、7月からはこの方がお孫さんの面倒を見られることになり、
       夫婦2人での営業になってしまうそうです。
       奥様は少し「大丈夫かな~」と心配されていました^^
       そのくらい、この方の存在が大きいんでしょうね。
 
★取扱商品:もちろん呉服です!
        他にも洋装や小物などちりめん細工も売っていました!
        レンタルはなしです!
        そしてそれぞれのお値段はといいますと…
        洋装(Tシャツなどは)―約3.4千円~3.4万円
        浴衣―1万円代~
        やはり着物や浴衣は、さすが呉服屋!
        という感じでいいお値段致します。
        しかしそれは、それだけ厳選されているということです。
        全部が全部お高いわけではなく、
        お手軽な商品も売っていらっしゃいます。
        例えば、小物ですと、「日本手ぬぐい」
        それがすごく可愛いんですよ!!
        手ぬぐいのイメージって白とか単色な感じですし、
        手ぬぐいなんて!って思うじゃないですか?
        まるよさんの手ぬぐいは、かなりオシャレなんです!

      

 

o0800053312022109550[1].jpg

 

o0800053312022092407[1].jpg


      どうですか?私も欲しくなりました!!
      手ぬぐいはちょっとしたプレゼントで購入される方が多いそうです^^      
      

      洋装
      

o0800053312022119393[1].jpg



      下駄 
     

o0800053312022095130[1].jpg


      

o0800053312022095131[1].jpg


       下駄は鼻緒も調整してくれますし、
       修理も出来るものならして下さるみたいです^^


★おすすめ:まるよさんのこの夏おススメとしては
        やはり、「浴衣」です!
        まるよさんでは、東京の竺仙(ちくせん)さんのものを
        取り扱っている様で、
        竺仙さんは着物の染め物で有名なところです。
        夏のCMなどでモデルさんが着ていらっしゃる浴衣も
        竺仙さんが多いそうです。
      
      こちらが竺仙さんの浴衣です。
      

o0800053312022091221[1].jpg



      この中で一番私が気に入った浴衣です★
      

o0800120012022123733[1].jpg


      私が着るんだったら帯や帯締めに
      明るいものを持ってきたらすごく可愛くなるし、
      奥さんの年代だったら、落ち着いた色を持っていくと大人な感じになり、
      着物は着る人の年齢を問わず、小物で色々変えられるとのことでした。
      

★客層:主にミセスの方、洋装は近所の方、和装は福井市や越前市の方も。
      先ほども話した「日本手ぬぐい」なんかは、
      若い方も購入されるそうです。
      

★自慢:①個性的でクオリティの高い商品
       着物は京都で仕入れてくるそうなのですが、
       まるよさん好みのセンスと品質にはとても自信があるようです。
     ②きめ細やかな対応
       お客様のご相談に対して決して「NOとは言わない」
       着物に関することなら、ほぼ100%対応できます。とのことです^^
       お客様からしたらとても頼りになりますよね。




続きまして、【着物への思い,着物について】をお尋ねしました。
奥さんがおっしゃるには最近は着物を着ています^^
という方も増えているようです。
京都だけではなく、特に東京や大阪なんかでも多いそうです。
クラシックなどのコンサートみたいに、座っていられるところへ
着て行かれる方が増えているそうです。

奥さんは着物が大好きでよく着られるそうなのですが、家事など日常ではやはり、
洋装の方が楽だとおっしゃっていました。
ですから、出かけるときに着物をお召しになるようです。
結婚式などの儀式だけでなく、普段のお出かけにも着物を着ていくことで
相手に「きちんとして来て下さった」という気持ちが伝わるのだそうです。


そして洋服には流行りがあり、そのうち流行遅れになりますが、
着物はいつまでも着ることが出来るので「エコ」だとおっしゃっていました。
着物のエコな部分はたくさんあり、
例えば、着物は着る人の体形が変わっても、合わせることができたり、
おばあちゃんが使っていた着物をお孫さん使用に仕立て直すこともできたり、
リサイクルできるのです!
奥さんもお母様の着物を仕立て直して着ていらっしゃるようです^^
受け継がれていく感じがお母様にとってもすごく嬉しいことだと思います。

先ほどリサイクルと言いましたが、着物は最後の最後まで使えます
着られなくなった着物は、ほどいてまた使えるそうなんです!
浴衣でしたら、雑巾にまで活用できます!


さすが日本の文化!うまいことできていますね^^


着物を普段着として着るにはやはり難しいと思います。
しかし、女の子は浴衣や着物で可愛さが増しますし、
男性の浴衣はとてもかっこいいですし、
正装のときやお祭りにはぜひ^^とおっしゃっていました。




【教室について】
奥さんが開催している教室についてお伺いしました。

まずは、「ちりめん細工教室」
教室を始めてから今年で8年目!
ちりめん細工を始めたのは学生のころからだそうです。
★生徒数:全4クラスで40名程度だそうです。だいたい1クラス10名です。
      芦原や敦賀からも来られるみたいです!!
      30~80代の生徒さんがいて、60~70代の生徒さんが多い様です。

★開催日:第2.4の火水金土
     (火.水13:30~15:30/金10:00~12:00/土18:00~20:00)

★受講料:1回1000円で入会金もなしです。
      月謝制ではなく、1回、1回のお支払です。
      キット代は別ですが、手持ちの布を持ってきていただいても
      まるよさんで買っていただいても大丈夫だそうです。
      ※キット代は作るものによって異なります。
       そのキットは奥さんが京都で仕入れてきたり、
       誠市や県外の市などで手に入れた布を
       組み合わせて作られるそうです。!

★イベント:春に1回ほどまるよさんのところで
       ちりめん細工の発表会が開催されているようです。


      
奥さんは新しいものを作るのが好きなので、次から次へと新作ができます。
店内にはたくさんのちりめん細工がありました。
 

o0800053312022095601[1].jpg

 

o0800053312022092406[1].jpg

 

o0800120012022123734[1].jpg

 

o0800053312022119392[1].jpg

 

o0800120012022118600[1].jpg

 

o0800071112022507746[1].jpg


もう一つは「浴衣教室」
これは大々的に公表しているわけではないみたいですが、
言っていただければ教えて下さるそうです。

★開催日、時間:ご連絡ください。
          ちなみに1回2時間で3回ほど通えばできるようになるそうです。

★受講料:1000円
      (本当は無料でしたいのですが、お客様がそれは悪いと
       お菓子などを持ってこられるよになり、
       逆に悪いのでそのお値段になったとのことです。)

相談すればすぐ教えて頂けるみたいなので、
自分で浴衣が着れるようになりたい!という方はぜひ!
私も教えてもらおうかな?笑
しかし、普段でも着たい方向けなので、
1年に1回着るくらいではすぐ忘れてしまうから向いていないみたいです^^;
やっぱり何回もやらないと覚えられませんもんね。




最後には、【商店街や鯖江とらてんぽのこれから】についてお伺いしました。

お店には、気楽にお店に来て下さるとありがたいですとおっしゃっていました。
呉服屋は買わされるというイメージがあると思いますが、
ふら~っと立ち寄るだけでもいいんです!
すごく見ていて癒されますよ^^
ちりめん細工目当てで来られる方もいるそうですし。



らてんぽへも気軽に誰でも入れるような場であってほしいとおっしゃっていました。
夏は涼しく、冬は暖かかく、バス待ちのお客様が快適で居られる場でもあってほしいと。

そしてショーウィンドウを変えなさい!と言われてしましました^^;
ギャラリーは頻繁に変えた方がいいので、飾りたいという方が出てくると良いし、
そのためのお声掛けとかが必要かなとアドバイスしていただきました。

二人とも変えたいとは思っていたのですが、
そろそろ何か考えないといけませんね。笑




今回は以上です^^

初めての取材で噛みまくりでしたが、奥さんがたくさん喋って下さる方で
取材というより、楽しくお話できたと思います!

みなさんまるよさんについて少しは分かっていただけたでしょうか?
商店街に来られた際や呉服をお探しの際はぜひ立ち寄ってみてください♪

 

お店紹介

らてんぽ若いスタッフの目線で商店街のお店を紹介します

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja