あめや呉服店の最近のブログ記事

あめや呉服店

| トラックバック(0)

 

長い歴史がある、「あめや呉服店」さんへ取材に行ってきました。


o0640048011555068029.jpg 


まず、お店のことについて伺いましたひらめき電球

営業時間は、午前7時30分~午後7時までです。

開店時間は、商店街の中で一番早いそうです!!!!キラキラ

定休日は木曜日です。

お店ではご主人と奥さんのお2人が働いています。

お店の名前の意味と歴史について伺いましたひらめき電球

「あめや呉服店」の「あめや」は、「屋号」だとおっしゃっていました。

あめや呉服店さんは大変歴史が古く、元禄時代(1700年頃)からあったお店だそうですビックリマーク
その時代は「飴」を売っていたそうです。

釜で飴を作り、その欠片を売っていたそうで、今で言う「べっこう飴」みたいな飴を売っていたそうです。

その飴は、御本山、「誠照寺」にお参りに来る人や、お土産として買って行く人がいたそうです。

飴屋さんは幕末くらいまで続いたそうです。

呉服屋さんは幕末頃から始まり、今現在も続いています。

お客様から注文を受け、当時は、京都まで歩いて仕入れに行ったとおっしゃっていました。

また、昔、ご本山の周りは山だったそうです。

寺町商店街は、鯖江の商店街の中で一番古く、お店は栄える前からあったそうです。

そして、今のご主人で7代目になります。

昔、飴屋さんを営業していて、その名残からも「あめや」という名前が残っているということがわかりました!!


 

お店の様子黄色い花
o0640048011555065896.jpg   o0640048011555065897.jpg


o0640048011555065898.jpg   o0640048011555065899.jpg


 

お客様はどのような方が多いのか伺いましたひらめき電球

昔は色んな方が来られたそうです。

今は、お茶や琴を弾く方、踊りをされる方など、着物愛好家の方達が多いそうです。

男の方もお客様として、お店に来られるそうです。

着物愛好家以外にも、着物が好きな方が来られるそうですが、着物好きの方は年配の方が多いとおっしゃっていました。

最近では、着物の商売をする人が減ってきているそうです。

売る側の人も、買う側の人も、着物に対する愛着が無くなるのは怖いとおっしゃっていました。


 

教室など何かされているのか伺いましたひらめき電球

昔は着付け教室を行われていたそうです。

今は教室をされていませんが、お願いすれば着付を教えて頂けるとおっしゃっていました。

浴衣の着付からスタートし留袖も行うそうです。

振袖は帯の結び方などが難しいため、奥さんと専門の先生が付いて下さるそうです。


 

ご主人や奥さんは、普段着物を着られるのか伺ったところ・・・

ご主人はあまり着物を着ないそうなのですが、奥さんは良く着られているそうです音譜

誠市のときや着物で誠市のときには、必ず着物を着られるそうです!

そして、誠市はもちろん、「着物で誠市」は、お客様からも評判が良く、成功したイベントだとおっしゃっていました!!キラキラ

また、県外からもたくさんのお客様が来られるので、良いイベントだとおっしゃっていましたキラキラ


 

お店の自慢を伺いましたひらめき電球

元禄時代からあるお店で、歴史があることだとおっしゃっていました。

また、歴史があるからお客様に支持されているので、大切にしていかなければならないとおっしゃっていました。

お店は、平成19年12月に国の登録有形文化財になりました。

お店の建物は、大正2年に建設されたそうです。

また、昨年お店を綺麗にされたそうです。

そして、店内にある「呉服」の看板は、北大路魯山人によって彫られたものだそうです。

他にはない看板だからこそ、大切にしていかないといけないとおっしゃっていました。


 

登録有形文化財の看板黄色い花
o0640048011555068026.jpg 
 

「呉服」の大看板と、説明書き黄色い花
o0640048011555066694.jpg   o0640048011555066695.jpg


 

お店のこだわりや力を入れていることを伺いましたひらめき電球

和雑貨に力を入れているとおっしゃっていました。

手作りのこだわっている和雑貨だそうです。

和雑貨も、京都や大阪から仕入れをしているそうです。

そして、良い問屋さんを探してお客様のお望みに叶うような商品を探し中だとおっしゃっていました。


 

お客様に人気の商品を伺いましたひらめき電球

年代を問わず、和雑貨が良く売れているそうです。


 

髪飾り、可愛いですラブラブ
o0640048011555068027.jpg 


 

お勧めの商品を伺いましたひらめき電球

着物好きの方が着る着物が売れ筋だとおっしゃっていました。

カジュアルな着物や趣味的な着物がお勧めだそうです。

しかし、留袖はあまり売れないそうです。

着物好きの方には、四季のものを地道に勧めるそうです。

また、和雑貨を一般の方に勧め、その中から着物好きを探すとおっしゃっていました。

着物好きの方は本当に着物に詳しいそうです!!!!

「信用が一番大事!!」なので、着物に詳しすぎる方がいらっしゃった際は、わからないことは調べながら、しっかり丁寧に接客するとおっしゃっていました。


 

商品の種類は全部でどのくらいあるのか伺いましたひらめき電球

お店に置いてある着物関係の商品は50種類くらいあるそうです。

良いものを厳選してお店に置いているとおっしゃっていました。


 

働いている中で嬉しかったことや辛かったことを伺いましたひらめき電球

色々なお客様との交流が出来たことだとおっしゃっていました。

また、一生懸命販売し、お客様に喜んでいただけたことや、交流が出来るようなお客様に販売出来たことだとおっしゃっていました。

あめや呉服店さんは、お客様に喜んで頂ける商売を心掛けており、お客様と話し合いながら販売をしているそうですビックリマーク
 


 

お店の様子2黄色い花
o0640048011555066696.jpg   o0640048011555066697.jpg


 

o0640048011555067486.jpg   o0640048011555067493.jpg


 

これからこの「商店街」や「鯖江市」がどのようになっていってほしいか伺いましたひらめき電球

ご縁市や誠市を開催することで、たくさんの人が訪れ、人が回るから良いとおっしゃっていました。

また、誠市は活性してきたと感じ、成功したイベントだとおっしゃっていました。

全部の商店街が固まることで、変わることを期待したいとおっしゃっていました!!

世代が変わると商店街が良くなるのではないかとこれからの商店街への将来を期待されていました!!キラキラ


 

「あめや呉服店」として、これからどのようなことを行っていきたいか伺いましたひらめき電球

将来、8代目としてあめや呉服店を息子さんが継がれるそうです。

息子さんには、時代にあった商売をしていって欲しいとおっしゃっていました。

昔のような殿様商売では駄目だそうです。

また、伝統を大事にして時代にあった商売を期待するとおっしゃっていました。

そして、長い歴史があるお店や家は守りつつ、和に関連した商売はこれからも続けてほしいとおっしゃっていました。


 

らてんぽについても伺いましたひらめき電球

らてんぽという場所を作り、その場所へ若者が集まっていることも活性化だとおっしゃって頂けましたビックリマーク


 

お店の様子3黄色い花
o0480064011555067494.jpg   o0480064011555066693.jpg


o0640048011555067496.jpg   o0640048011555067498.jpg


 

あめや呉服店の詳しいお問合せ先は以下の通りです。

住   所:〒916-0026 福井県鯖江市本町3丁目2-43

電話番号:0778-51-0024

営業時間:午前7時30分~午後7時 木曜日定休
 

あめや呉服店さんのお話を伺い、歴史が深い分、お話の内容も深いなと思いました!!

息子さんに、「伝統を大事にしながら、時代にあった商売を期待する」とおっしゃっていましたが、今のご主人も、「伝統を守りつつ、時代にあった商売をされているのではないかなキラキラ」と、お話を伺っていながら思いましたひらめき電球キラキラ


 

着物関係はもちろん、色々なこだわった和雑貨も置いてあります黄色い花

まだ行かれたことがない方は、ぜひ一度行ってみて下さい音譜



 

最後に・・・

お店のアピールを一言お願いします!

「信用」と「誠実」を一番大事にしているお店です!!

誠市にお越しの際はぜひ「あめや呉服店」へお立ち寄り下さい音譜



o0640048011555068028.jpg 

 

あめや呉服店さん、お忙しいところありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。



 

tomo

 

お店紹介

らてんぽ若いスタッフの目線で商店街のお店を紹介します

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja