2014年1月アーカイブ

 

昨日(1月30日)、消費税転嫁対策窓口事業の一環としてセミナー『キャッチコピーでずば抜けろ!』を開しました。

 

SC03354.jpg

 

講師は、株式会社エストコミュニケーションズ 代表取締役の弓削 徹

 

SC03328.jpg

 

ノートパソコンの名付け親としても著名で、コピーライターやマーケティングコンサルタントとしても活躍される、弓削 氏。

 

SC03331.jpg

 

商品や企業イメージ付け、ウェブサイトやチラシのタイトルなど、あらゆる場面で重要なキャッチコピーの書き方を、2時間に亘りご講演いただきました。

 

SC03349.jpg

 

参加された皆さんも、メモを取りながら、熱心に受講されていました。

 

SC03363.jpg

 

セミナー終了後には、公正取引委員会 近畿中国四国事務所 消費税転嫁対策調査専門職員のお二人から、円滑なつ適正な転嫁のポイントについてご説明いただきました。

 

 

   国の平成25年度補正予算案事業

支援事業の詳しい内容は、各お問合せ先にお訪ねください

 

 

20140130073627-0012.jpg
20140130073627-0011.jpg
20140130073627-0016.jpg
20140130073627-0015.jpg
20140130073627-0010.jpg
20140130073627-0009.jpg
20140130073627-0002.jpg 20140130073627-0001.jpg

 

20140130073627-0004.jpg
20140130073627-0003.jpg
20140130073627-0006.jpg
20140130073627-0005.jpg
20140130073627-0008.jpg 20140130073627-0007.jpg

 20140130073627-0014.jpg

 

 

 

 

 

 

  

詳しい情報はミラサポからhttps://www.mirasapo.jp/

  

 

 

 

  チャレンジ企業応援補助金(第3次募集)

 H26年1月27日~2月10

 新商品開発や新事業を創出するなど、鯖江市内のチャレンジ精神旺盛な企業を応援します。対象事業に関する経費の1/2以内を補助し資金面での支援を行います。お気軽にお問い合わせください。

  

  対象者

市内に主たる事務所を有する中小企業等のうち、日本標準産業分類で規定する製造業、卸売業、情報サービス業のいずれかを営むもので、かつ、鯖江市税の滞納がないこと

 対象事業

1. 新製品・新技術を開発しようとする事業

2. 新事業を創出・業種を転換しようとする事業

3. 知的財産権を取得しようとする事業(随時受け付け、予算に達しだい終了)

 補助金額・補助率

上限300万円(ただし補助事業の実施期間の範囲を単年度、もしくは複数年度(2年)とし、各年度の上限は200万円とします)

補助対象経費の2分の1以内

 募集期間

<第3次公募>平成26年1月27日(月)から2月10日(月)

 詳しくは補助金交付要領をご参照ください。

 

 申請用紙 

     1.新製品・新技術開発  申請書・報告書sinsei-01.doc

                                 経費内訳sinsei-01.xls

                                 経費内訳実績houkoku-01.xls

     2.新事業創出・業種転換 申請書・報告書sinsei-02.doc

                 経費内訳sinsei-02.xls

                  経費内訳実績houkoku-02.xls

     3.知的財産権取得    申請書・報告書 sinsei-03.doc

   

 ■ お申込み・お問合せ 

    鯖江市ものづくり支援機構(鯖江商工会議所1階 経営支援課内)藤井

     〒916-0026 福井県鯖江市本町3丁目2-12 TEL0778-51-2800 

同一年度内において、各企業1事業あたり1件の申請を限度とします。

<事業実施期間>

補助事業の実施期間の範囲は、平成2541日から平成26228日まで(単年度事業)、もしくは平成2541日から平成27228日(複数年度事業)までとなります。応募に際しては、この期間内に実施が可能な事業計画を立ててください。

<補助金交付条件>

①実質的に同一内容の事業(相当程度重なる場合を含む)について、他の助成・補助制度を利用する場合は、この補助制度を利用することはできません。

②第1次公募で申請された案件については、平成256月に実施予定の審査会(評価委員会)にて採択いたします。第2次公募で申請された案件については、平成2511月に実施予定の審査会(評価委員会)にて採択いたします。第3次公募で申請された案件については、平成26年2月に実施予定の審査会(評価委員会)にて採択いたします。

③交付決定を受けた後、補助事業を中止または廃止しようとする場合は、事前に承認をえなければなりません。

④補助事業の実施期間中に、事業の遂行状況について報告を求める場合があります。

⑤補助事業完了後、実績報告書を提出してください。

⑥対象経費については、事業実施期間内に支払われたものに限ります。

⑦見積書、請求書、領収書等支払いを証する書類を整備しておいてください。

⑧鯖江市税納税証明書(現年分に滞納のない証明)を提出していただきます。

⑨補助金交付年度終了後、補助事業の成果に係る企業化状況および補助事業に関係する調査にご協力をお願いいたします。

 

 

 

   平成25年度補正予算案・平成26年度予算案・税制改正案

 中小企業庁の中小企業・小規模事業者支援事業

 

 

20140121071450-0001.jpg 20140121071509-0002.jpg

 

20140121071531-0003.jpg 20140121071547-0004.jpg

 20140121071609-0005.jpg

 

 

 

 

 

 

  

詳しい情報はミラサポからhttps://www.mirasapo.jp/

  

 

 

 

 

近畿経済産業局主催の「モノづくりに関するIT活用」のセミナー並びに個別相談会が開催されます。

 

20140110073218-0001.jpg

 

20140110073230-0001.jpg

 

日時:平成26年1月28日(火)13:30~16:30

会場:福井県中小企業産業大学校1F第1中教室

お申込みお問い合わせは、近畿経済産業局 情報政策課 TEL06-6966-6015まで

 

 

日本商工会議所発行の消費税転嫁対策のポイントをまとめたハンドブックです。

 

20140107115947-0001.jpg

 

消費税転嫁対策にご利用ください。PDFデータはこちらから→tax-s1.pdf

 

 

 

 

 

 

所得税の所得控除額(人的控除)一覧表です

 

SC02680.jpg

 

年末調整・確定申告の確認にご利用ください。

 

 

 

IMG_20131222_104818.jpgのサムネール画像

富士山(ミャンマー視察研修時、飛行機から)

 

SC02676.jpg

越前富士・日野山(西山公園展望台から)


本年もよろしくお願い申し上げます。