2017年6月アーカイブ

 

 

オンリーワン技術でドライクリーニング用薬剤の国内シェア№1

   

水と油など、異なった性質を持つ2つの物質の境界面に働きかけ、

性質を変化させる物質の総称を界面活性剤といいます。

 この界面活性剤を中心とした界面化学を事業基盤としている日華化学は、

国内トップシェアの繊維加工薬剤をはじめ各種産業用薬剤から

頭髪用化粧品まで、幅広い分野で人々の暮らしを支えています。 

 

N0001.jpg

クリーニング分野においても、繊維加工薬剤分野で培った実績と

幅広いノウハウを集約し、洗いから仕上げまでの各工程で使用する、

クリーニング店専用の洗剤・加工剤の開発、製造、販売を一貫して行っています。

  

N0002.jpg

 

中でも、ドライクリーニング用薬剤では、国内シェアNo.1を誇っています。

これまでのドライクリーニングは、落ちにくい汗などの水溶性の汚れは、

しみ抜きなどの特殊クリーニングの併用や、ウェットクリーニングなどの

処理を行っていましたが、いずれも処理に手間がかかる、

生地の収縮や色落ちが起こるなど、問題点がありました。 


 

 

日華化学は、1941年より続く歴史ある界面活性剤メーカーとして

培った技術を注ぎ込み、ドライクリーニングにおいて

水を使わずに水溶性の汚れを落とす洗剤

「ドライスターWP-1」を開発しました。 

 

N0003.jpg

ドライクリーニングでは落ちにくかった水溶性の汚れを格段に落ちやすくした、

画期的なドライクリーニング用洗剤です。

 また、洗剤としての性能はもちろんですが、容器の面においても、

お客様であるクリーニング店にとって、保管しやすく

扱いやすいコンパクトなものを採用しています。  

  

staff blogへ

 

お問合せ:日華化学株式会社

 〒910-8670  福井県文京4-23-1 

TEL0776-24-0213 FAX0776-21-9227

http://www.nicca.co.jp