Ⅲ.越前漆器の最近のブログ記事

 

 

現代の名工が創造する蒔絵の粋

  

C07177.jpg


松田蒔絵

伝統的な器から、木片、石、ガラス、磁器、琥珀など

素材にこだわらず、蒔絵の美を日々追求しています。

 

C7150.jpg

 

C7123.jpg C7126.jpg

   

C7130.jpg C7132.jpg

 

C7170.jpg C7169.jpg

 

C7118.jpg C7176.jpg

  

C7152.jpg C7151.jpg

 

C07159.jpg C7114.jpg

 

C7112.jpg C7141.jpg

   


  

3代続く蒔絵師 

 

 独自の技法で、松田蒔絵を完成させた初代の松田秀悦氏が、

昭和5年に越前漆器の地で創業。

2代目の眞扶氏は、漆器はもとより屏風や棚などの大作にも取り組み

現代の名工に選ばれるなど、高い評価を得ています。

3代目となる祥幹氏は、現在東京南青山にスタジオを構え、

創作活動の傍ら蒔絵教室を主宰し、日本を代表する文化を発信しています。

 

C07165.jpg

 

C07156.jpg

越前漆器の小物・アクセサリー、茶道具からワイングラス、

衝立などが揃う、工房を兼ねたギャラリーをオープンしました。

 

C7198.jpg

お気軽にお立ち寄りください。

 

staff blogへ

 

お問合せ:松田蒔絵有限会社

〒916-1222  福井県鯖江市河和田町12-17(蒔絵ギャラリー) 

TEL&FAX0778-65-0760

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ライフスタイルに合わせた器をご提案

  

C02956.jpg


KOSE I  JAPAN

伝統の越前漆器から、電子レンジ対応の器まで

 

C02888.jpg

 

C02913.jpg C02914.jpg
越前塗(食洗機対応)

   

C03008.jpg C03004.jpg
ウレタン塗装(電子レンジ・食洗機対応)

 

C02948.jpg C02930.jpg
手描き蒔絵がらす

 

C02951.jpg C02912.jpg
 錫漆(すずうるし)  小物入れ


  

日本の伝統色  

 漆黒 栗梅 茜色 木賊色 黄金 榛色 桃色 

 

C02996.jpg

 1500年の歴史をもつ越前漆器

職人の手塗りによるしっとりと塗られた、本漆の艶は「塗の越前」の魅力です

その色艶は、使い込む程に味わいが増します

毎日育てるようにご愛用ください。 

 

C03046.jpg

 

全国の百貨店・セレクトショップにてお取扱いただいております。

 

staff blogへ

 

お問合せ:有限会社 広 晴(KOSEI)

〒916-1232  福井県鯖江市寺中町28-1-4 

TEL0778-65-2388 FAX0778-65-2955

http://kosei58.shop-pro.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

伝統的技術と先端技術を駆使した業務用・医療用漆器

 

C01772.jpg

 

C01761.jpg

 

花高台椀[耐熱]

C01755.jpg

 高台とふたの花びら形のカットで、持ちやすく乾きやすい丈夫な器

 

スクエアシリーズ  

C01645.jpg

  3サイズの角鉢とトレイの組合わせによる機能的なシステムウェア

 

 カプセルボックス 

C01667.jpg

 持ち運びしやすい独自のスタイルで、9種類の食材をコンパクトに収納

 

学校給食弁当

C01650.jpg

主食入れ、副食入れ、汁入れを積み重ね安全に持ち運びできる機能的なデザイン

  

ランチプレート

C01676.jpg

後片付けの楽なワンプレートでお気軽ランチ

 

四葉皿[耐熱]

C01670.jpg

松花堂の仕切りとして、また便利な単品皿として

 
 

  

あらゆるシーンに対応する器を提供

 

C01706.jpg

   

C01749.jpg

  

C01712.jpgC01725.jpg
C01738.jpgC01743.jpg
C01691.jpgC01733.jpg

  

C01660.jpg

 300余年の伝統と信頼、高い機能性と品質が評価され、OEMで

航空各社の機内食用食器にも採用されています。(H27.12現在 24社)

    

    

C01763.jpgC01767.jpg

 

アートタイルやスイッチパネルなど、長く使えるインテリア用品も提案しています。

  

C01777.jpg

  

staff blogへ(直営店ataW) 

 

お問合せ・ご注文:株式会社関坂漆器

〒916-1223 福井県鯖江市片山町3-53

TEL0778-65-0009 FAX0778-65-2340

http://sekisaka.co.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カジュアルな漆器から伝統の越前漆器まで

 

曽明漆器店は創業大正12年

創業者の名をとったネットショップ 漆器久太郎を展開しています。

 

C08432.jpg

   

- アールデコシリーズ -

洗練されたヨーロッパ調のアールデコをイメージしたデザイン

和の漆と定番の唐草模様を組み合わせたしっとりとした器です。

 

C08308.jpg  

 和食器でも洋食器でのない無国籍の器。

なめらかな模様とつややかな塗とは何の違和感もなく、

しっくりと、それでいて優雅さを放ちます。

 

 

小  皿

C08293.jpg

溜 色

(150㎜×H17㎜)

C08281.jpg

キャラメル色

(150㎜×H17㎜)

  

スクウェアディッシュ

C08300.jpg

キャラメル色

(225㎜×225㎜×30㎜) 

C08298.jpg

 溜 色

(225㎜×225㎜×30㎜) 

※ホワイトシリーズも展開中

 

   

国シリーズ

 

家紋や名言などを本格漆器に盛り込んだ

漆器 久太郎のオリジナルグッズです。

 

C08434.jpg
 

 

 戦国武将 家紋コースター(150㎜×110㎜)

C08345.jpg

扇形 金 

C08357.jpg

扇形 銀 

 

 武将家紋入り 金縁盃(100㎜×H35㎜)

C08407.jpg

 黒・揚羽蝶(平家) 

C08410.jpg

朱・三盛亀甲(浅井長政)  

 

  

C08319.jpg


 ペーパーナイフから家紋入り木製重箱まで、

1,600点のアイテムを取り揃え、越前より日本の心をお届けしています。

 

echizenkamonju2[1].jpg

  

 

 

C08460.jpg  


2015年9月に工房ショップ「ギャラリー久太郎」をオープン

越前漆器職人さんの個展や加飾(沈金・蒔絵)などの体験教室をスタートします。

是非、お問合せください。 

 

staff blogへ 

 

お問合せ・ご注文:漆器 久太郎

株式会社 曽明漆器店

〒916-1221 福井県鯖江市西袋町67-13-3

TEL0778-65-0071 FAX0778-65-0098

http://www.rakuten.ne.jp/gold/qtarou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素材や用途にこだわらない これからの "漆器"

   

C07729.jpg


光 琳 堂 (KORINDO)

尾形光琳に代表される「琳派」の自由かつ大胆で挑戦に満ちた精神性と

越前漆器産地で受け継がれてきた職人たちの最高技術を駆使し、

暮らしに潤いと楽しさをもたらす「新たなる伝統」の漆器づくりを目指すブランドです。

 

C07597.jpg

 独楽 SPINNING TOP 

 

C07579.jpg C07586.jpg

 

iPhoneカバー 

 

C07591.jpg C07592.jpg

 

UrUshi pins 

  

C07589.jpg

  バッグハンガー

C07676.jpg

  螺鈿 腕時計

  

C07647.jpg

燕子花[花器] KAKITSUBATA VASE

C07669.jpg

五月人形 飾り台

 

南部鉄器×越前塗り画像02.jpg南部鉄器×越前塗り画像.jpg
南部鉄器×越前塗り

 

C07693.jpg

手吹きガラス×越前塗り グラス

C07625.jpg

越前和紙×越前塗り 飾り団扇 あおぎ

 


C07604.jpg

ショールームには常時多数の商品が展示されています。

 

  

C07652.jpg

「琳の輝きを世界に」

その昔「琳派」が海を渡ったように、日本文化としての漆器を広く海外に伝え、

産地の未来を切り拓いていきたいと考えます。 

 

C07745.jpg

 

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:越前漆器株式会社

〒916-1224  福井県鯖江市莇生田町16-19 

TEL0778-65-1525 FAX0778-65-1528

http://korindo.co.jp

 

 

  

 

 

 

 


 

C03455.jpg

 

蒔絵(加飾) 

漆器を彩る加飾の一つである蒔絵は、蒔絵筆に漆を含ませて模様を描き、

そこに金・銀粉などを蒔きつけ、研ぎ・磨きを繰り返して作り上げる代表的な技法です。

  

C03467.jpg

 

特に、高蒔絵と研出蒔絵を合わせた高度な技法である、

肉合蒔絵(ししあいまきえ)を得意としています。

 

 

婦人用マイ箸ケース

C03470.jpg C03474.jpg

 

携帯用のつなぎ箸がセットになった弁当箱

C03479.jpg C03482.jpg

   

C03489.jpg

 

伝統的な器から小物やアクセサリーなども手掛けています。

 

C03488.jpg


 

 

IMG_1222.JPG      SC02696.jpg

  

越前漆器産地の技術の粋を集め製作した、越前塗山車や河和田塗小型山車

ここでも熟練の蒔絵師として、腕を振るわれています。 

 

C03540.jpg   C03508.jpg

  

現在も新たな小型山車を作製中です。

 

 C03496.jpg   C03493.jpg

 

staff blogへ

 

お問合せ:駒本蒔絵工房

〒916-1224 福井県莇生田町14-5-1

TEL&FAX0778-65-0377

 

 

 

 

 

 

 

3歳からのお子様に


SC03009.jpg


小さな手に馴染む大きさと形にこだわった生地に

伝統工芸士の塗師 畠中 昭一さんの手により

越前漆器の朱の塗りが施されます。

 

SC03069.jpg

 

開けるまで中身が分からないワクワク感と

正しい器の扱いを身に着けられるようにとの想いから

最近では少なくなった、ふた付きになっています。

ご購入はこちらから

  

 

 

SC03092.jpg

  

工房内に併設されたギャラリーでは

お椀など伝統的な丸物をはじめとした、商品が展示・販売されています。

 

SC03053.jpg SC03052.jpg

   

SC03096.jpg

 

SC03099.jpg SC03082.jpg

 

伝統の技術を活かし、若い職人やデザイナーなど、次代の担い手と協力しながら

現代の生活様式にあった、使いやすい漆器づくりにも取り組んでいます。

 

SC03080.jpg SC03078.jpg

 

SC03036.jpg SC03097.jpg

 

SC03059.jpg

 

 

日本の伝統工芸品が見直されている中、長年家庭などで大事に使われてきた

漆器の修繕などの役割も担っています。

 

SC03075.jpg

 

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:古代匠 畠中

〒916-1222 福井県鯖江市河和田町12-43-1

TEL0778-65-1261 FAX0778-65-3312


 

  

 

 

 

 

 

蒔 絵 包 丁

   SC00473.jpg


伝統工芸士の鍛冶職人が鍛えた越前打ち刃物の鞘(さや)と柄に、

越前漆器の伝統的な蒔絵を施したカスタム包丁

 

SC00499.jpg

  

 

形や大きさが異なる、鞘の絵柄は10数種類

海外のコレクターにも人気の高い商品です。

 

SC00477.jpg SC00485.jpg

   

SC00443.jpg

 

SC00480.jpg

SC00483.jpg

 

漆器の表面に筆を使って絵や文様、文字を描き、それが乾かない間に金や銀などの金属粉を蒔き器面に定着させる、漆器の代表的な加飾技法の一つ蒔絵

 

SC00543.jpg SC00546.jpg

 

SC00514.jpg SC00526.jpg

 

従来のお椀や重箱などの器はもとより、現在では時計や眼鏡、ペンなど新しいアイテムへの加飾も行っています。 

 SC00528.jpg

 

 

筆一本で物語を生み出す職人の技

時代が変わっても、日本伝統の花や鳥、風景など好まれています。

 

SC00429.jpg

 

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:蒔絵工房 孝

〒916-1222 福井県鯖江市河和田町12-21

TEL0778-65-0921


 

  

 

 

 

~沈 金~ 立山工房

| トラックバック(0)

 

 

進化し続ける越前漆器

 

沈金 象嵌

漆器造りの技法のひとつ、沈金の応用技法の象嵌(ぞうがん)

 

SC09792.jpg

  

漆器の表面に絵柄を彫る沈金彫に、彩漆や金粉、金箔を刷入れ、

表面を平らに繰り返し研ぎならすことで、

通常の沈金と比べ表現に幅を持たすことができます。

 

SC09778.jpg

一般の流通に乗らない、一点ものとして製作されています。


SC09806.jpg

 

  

 

SC09845.jpg

 

 最近ではペンダントや帯留めなどの小物も製作

 

SC09854.jpg

 

   

越前焼きとのコラボ作品
 

SC09834.jpg

 

1500年以上に亘る、越前漆器の伝統技法を守りつつも

素材にこだわらず、常に新しい漆器造りに取組んでいます。

   

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:立山工房

 〒916-1222  福井県鯖江市河和田町14-5 

TEL0778-65-1293 FAX0778-42-5616

 

 

 

 

 

 

 

 

木から生まれる "A級" の箱もの

  

SC09199.jpg


Hacoa

箱ものの " Haco" と A級の "a"   そのロゴを冠した最初の商品

『Full ki-Board/フル木ーボード』

 

SC09202.jpg

 160点にも及ぶHacoaブランドの原点 

 

SC09184.jpg

USB Hub House

SC09179.jpg

USBメモリ Tablet

  

SC09235.jpg

BaseStation for iPhone5

SC09221.jpg

 Wooden Case for iPhone5/5s

 

SC09195.jpg

木製印鑑ケース

SC09242.jpg

 木製名刺入れ

 

Hacoa Wedding

SC09219.jpg

Message Board

SC09204.jpg

Message clock

  

Hacoa DisneyCharacters item

SC09216.jpg

Wooden Case for iPhone5/5s

SC09213.jpg

 コンパクトミラー

  
 

SC09237.jpg

 BOOK PENCASE

Hacoa×HERZ

木と革職人のコラボレーション


  

SC09223.jpg

2014.7の新商品 Kitchen Timer Analog

(毎月第4木曜日は新商品発表の日)

クラッシックなベル音で時間を知らせるキッチンタイマー

 


SC09160.jpg

お客様が手にして

「驚き」・「感動し」・「笑顔になる」 そして「自慢したくなる」

木の素材を活かした商品をデザインから製作、販売まで

Hacoa/ハコア

  

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:株式会社 Hacoa 福井本社

〒916-1221  福井県鯖江市西袋町503 

TEL0778-65-3112 FAX0778-65-3114

http://www.hacoa.com

 

 

 

 

 

 

 

100%urushi 色漆を楽しむうつわ

 

aisomo cosomo/愛想も小相も

 

SC08462.jpg

 湯呑み yunomi


片づけたあともインテリアとして楽しめる

POPでカラフルな2色使いと、天然漆ならではの質感

  

SC08465.jpg

お手入れや保管などに、ひと手間かかる漆器を初めて手にする人にも

愛着をもって、永く大切にしていただける「うつわ」を目指して。


SC08474.jpg

 aisomo cosomo

「若い世代に気軽に使ってもらいたい」との想いから

2010年に誕生した、多様化する現代の食卓にマッチする

漆琳堂のオリジナルブランドです。
 


  

 

SC08503.jpg

 まめ皿 mame-zara

 お塩やおひたし、柚子こしょうを盛って

楽しい食卓を演出したり

お菓子をのせてお客様をもてなしたり。

  

 

SC08507.jpg

飯椀 meshi-wan

軽くて、熱が伝わりにくい

気持ちも軽くなるうつわ

塗りわけの技法で、コントラストが楽しめます。

 

 

SC08524.jpg

 汁椀 shiru-wan

その日の気分で

好みの色を選ぶ楽しみを

毎日の食卓に欠かせないうつわです。

 

SC08526.jpg

 

  

見て触れるだけで楽しくなる

生活に彩りを与えるうつわたち
 

SC08584.jpg

 

1500年以上に亘り、堅牢で実用的な

「使える漆のうつわ」を創り続けてきた、越前漆器産地からの

新しいライフスタイルへの提案です。

 

staff blogへ  

 

お問合せ・ご注文:株式会社 漆琳堂

 〒916-1221  福井県鯖江市西袋町701 

TEL0778-65-0630 FAX0778-65-0697

 http://www.shitsurindo.com

 

 

 

 

 

 

 

先代が築き上げた技術の継承と革新

 

    SC04525.jpg

直右ヱ門

 布着せ

  木地の割れや欠けを防ぐための手法。あえて見せることで丈夫さを表現しています。

 蒔地

  木地に直接、漆を塗り地の粉を蒔き丈夫にする手法。傷が付きにくく使い易いです。

 木地呂塗

  透漆を塗ることで木目が透けて見える手法。使えば使うほどに美しく透けてきます。

 

 


SC04504.jpg

  

SC04507.jpg

 欅(ケヤキ) 端布椀 黒溜木地呂

サイズ:Φ107×H72

表示:木漆

価格:6,000円(税抜き)

 欅(ケヤキ) 端布椀 赤溜木地呂

サイズ:Φ107×H72

表示:木漆

価格:6,000円(税抜き)

 

 

SC04520.jpg

 

SC04522.jpg

欅(ケヤキ) 一文字椀 黒溜木地呂

サイズ:Φ105×H67

表示:木漆

価格:6,000円(税抜き)

欅(ケヤキ) 一文字椀 赤溜木地呂

サイズ:Φ105×H67

表示:木漆

価格:6,000円(税抜き)

 

SC04535.jpg

SC04537.jpg

 

欅(ケヤキ) 黒蒔地木地呂  入れ子椀 朱蒔地木地呂

サイズ:Φ128×H53 Φ122×H63

表示:木漆

価格:各6,000円(税抜き)

 

 SC04539.jpg

 

力強さと繊細さの中にある優しさ、

温かく幸せな気分を醸し出す器、

先代、祖父の名を継ぐ漆器

直右ヱ門

 

staff blogへ

 

 お問合せ・ご注文:株式会社土直漆器

 〒916-1223 福井県鯖江市片山町6-1-2

TEL0778-65-0509(代)   FAX0778-65-2692

 http://www.tsuchinao.com

 

 

 

うるしの里会館

| トラックバック(0)

 

 

1500年の歴史を持つ越前漆器

 

小型山車がお披露目になりました(平成26年1月8日)

SC02696.jpg

全国漆器展で、3年連続桂宮賞を受賞した産地の技を集結した山車です。

全国各地へ持ち込みやすいように、小型版を製作しました。

山車のサイズは高さ1.8メートル、幅1.15メートル。

新しい山車には、蒔絵や沈金で、一乗谷朝倉氏遺跡の唐門や東尋坊、

鯖江市西山動物園のレッサーパンダ、オシドリやつつじなどを表現しています。

全国各地のギフトショー、東京での漆器展示会などに出品。産地をPRしていきます。

  SC02708.jpg    

SC02713.jpgSC05192.jpg


 

花笠を冠した、さらに小型の山車が完成しました(平成26年9月)

 

SC00734.jpg

 

越前漆器伝統産業会館(うるしの里会館)では、会館全体を使い

越前漆器の歴史や道具、伝統工芸品などをパネル説明を添えて展示しています。

また、 ミュージアムショップでは越前漆器を特別価格で販売。 

         IMG_1041.JPG

 

体験コーナーとして、オリジナルの漆器を作ることが出来、

絵付け体験・沈金体験・拭き漆体験があります。

絵付け体験・沈金体験は漆にかぶれることはほとんどありませんのでご安心ください。

 

 

  IMG_1202.JPG

越前塗山車

蒔絵や沈金で、鯖江市や河和田地区の行事や風景が描かれています。

1500年の歴史と伝統を間近で見ることが出来ます。

拝観は無料となっておりますので、お気軽にお越しください。

 

IMG_1208.JPG IMG_1210.JPG IMG_1214.JPG

 

staff blogへ

 

 お問合せ・ご注文: うるしの里会館

 〒916-1221 福井県鯖江市西袋町37-6-1

TEL0778-65-2727  FAX0778-65-2789

http://www.echizen.or.jp

 

 

 

 

ちょこぼん

| トラックバック(0)

 

インテリア感覚で楽しめる 古くて新しいモダンな盆栽・・・

ちょこぼんは、

1500年の歴史と伝統をもつ越前漆器と

盆栽デザイナーによるコラボレーションからうまれました。

DSC_0007.JPG 

「小さな宇宙に空想の世界を馳せる」

「小さな庭園に日本の美意識を楽しむ」

忙しい日常に終われる生活に心のオアシスとしていかがでしょうか・・・

 

 壺庭「WAVE」/ウェーブ  CUBE/キューブ
_DSC0033.JPG

サイズ:〈器〉W242×D162×H28mm

〈樹高〉約120~150mm

Img0311.JPG

サイズ:〈マス〉W40×W40×H35mm

〈台〉W355×D60×H12mm

 曲線と丸みを帯びた山苔に一本の松。

それぞれの曲線のもつ柔らかさを生かした庭盆栽です。庭園の小高い丘から張り出す黒松を表現しました。

 一列に並ぶコンパクトなキューブ。

シンプルかつスタイリッシュな苔盆栽です。お部屋の雰囲気に合わせて飾り楽しむことが出来ます。

壺庭「SQUARE」はぜ寄せ メタル塗り「TAKUMI

 Img0258.JPG

サイズ:〈器〉W242×D162×H28mm

〈樹高〉約120~150mm

Img0018.JPG

  サイズ:大〈丸筒〉65×H150mm

〈台〉W80×D80×H120mm

庭園の一角をお部屋に取り入れる。
 
そんなイメージでつくりました。
器からこんもりと盛り上がる柔らかい山苔は、まさに手の平にのる小さな庭です。
盆栽の中でも格式ある黒松。
 
伝統と現代がちょうどよいバランスで調和した、日本人の美意識を感じる逸品です。
 

 

盆栽の作り手  みくに園 下村禎勝

お手入れも簡単

 

SC01096.jpg

  

staff blogへ

 

お問合せ・ご注文:株式会社サンユー

 福井県鯖江市西袋町30-4 

 TEL0778-65-0624   FAX0778-65-2711

E-mail:info@san-you.jp http://www.san-you.jp

 

 

 

 

研ぎ出し模様 盛器

| トラックバック(0)

研ぎ出し模様 盛器

moriki.jpg

 価格:367,500円(税込)

 ケヤキの板を天日で反らして、皿状にしストライプ風の布を張り、色うるしを何回も塗り重ね、研ぎ出して模様にしました。

 お問合せ・ご注文:手ぬり工房 杉本 TEL0778-65-0075