Ⅶ.美味しいものの最近のブログ記事

 

 

創業宝暦三年 伝統の日本酒

 

越前地酒 華燭(かしょく)

 

C06845.jpg

  

華燭は福井県の気候風土が醸し出す地酒にこだわり

県内産の酒米「五百万石」と日野川伏流水を使用。

11代目蔵元自らが杜氏を勤め、納得のゆく濃醇な味わいをお届けします。
 

 

yutaka-1.jpg

 

酒麹と地場の食材から伝統的な技法で造る、無添加の味噌等の食品も

少量限定生産ながら好評を得ています。


  

C06798.jpg C06804.jpg
C06813.jpg C06800.jpg

大吟醸・吟醸・本醸造・特別本醸造古酒・純米酒・普通酒など、お好みにあわせてお選びいただけます。また、あつ燗・ぬる燗・オンザロックなど蔵元オススメの飲み方を分かりやすくご提案。

 

   

reisio-1.jpg amazake-1.jpg

 

醴塩(レイシオ)・・・醴(古代の甘酒)を元に蔵元独自に開発した米と塩だけの自然調味料。塩分は塩糀の約50%offです。(当社比)

食べるあま酒・・・自家製造酒麹でもち米を糖化し造り上げたあま酒(醴)。ブドウ糖をはじめ天然型吸収ビタミン群や必須アミノ酸が豊富に含まれています。

narazuke-1.jpg miso-1.jpg

 

奈良漬け・・・吟醸粕を贅沢に使い地場野菜を丁寧に2度漬け。粕本来の味わいをご賞味ください。

こだわりの味噌・・・福井県産または北海道産の丸大豆を原材料に清酒製造に用いる黄麹を大豆の2倍使用した、麹の風味豊かな生味噌です。


  

     

 

yutaka-2.jpg

 

店内(蔵元)では清酒の試飲もOKです。

お気に入りの一本を見つけてください。

 

staff blogへ


 お問合せ・ご注文:豊酒造株式会社

〒916-0073 福井県鯖江市下野田町38-70

TEL0778-62-1013   FAX0778-62-2184 

http://www.sake-kashoku.com

 

 

 

 

 

 

 

日本の酒文化

 

SC03855.jpg

 梵(ぼん) Born

『梵』の酒造りは伝統的な手造りで、地下約180mの深さの井戸から汲み上げた白山連峰の伏流水と、原料米は契約栽培の兵庫県産山田錦と福井県産五百万石を使い、すべて蔵内の自社酵母で純米酒のみを造っています。

精米歩合はすべて55%以下、最高ランクの「梵・超吟」は20%、蔵内の平均精米歩合は約40%と、日本でもトップクラスの白い精米を使って醸造しています。

全ての酒が、熟成酒として出荷されます。最高で10年・短くても1年はマイナスの温度で熟成貯蔵されてから出荷されています。商品の酒質によって熟成温度と期間は違いますが、出荷に際しても急激な温度変化をさけるため、商品ごとに、それぞれの予冷庫で梱包され、夕方配送・翌朝着を完全実施するなど、細心の気遣いで「本物のうまさ」にこだわっています。

 

 SC03850.jpgSC03852.jpgSC03856.jpg    

SC03844.jpgSC03837.jpgSC03578.jpg

 

 

『梵』は、IWC2010(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)での最高賞チャンピオン・サケ受賞をはじめ、国際コンクールでの数々の第1位グランプリ受賞酒として、そして、世界各国での公式行事晩餐酒として、日本の酒文化を世界に発信し続けています。

『梵』は地元の人々の誇りとなりながら、全国、そして世界中にその名が広まっています。

2014年1月16日に日本の酒蔵として初めて、

KLBDのコーシャー(KOSHER)の認定を受けられました。

心に響く 感動の日本酒

 

SC04192.jpg 

staff blogへ

 お問合せ・ご注文:合資会社加藤吉平商店

〒916-0001 福井県鯖江市吉江町1-11 

TEL0778-51-1507(代) FAX0778-53-1406

http://www.born.co.jp