~貴金属眼鏡フレーム企画・製造~ 水島眼鏡株式会社

| トラックバック(0)

 

18金をはじめとした貴金属眼鏡フレームの専門メーカー、水島眼鏡株式会社さんにお邪魔しました。

 

C04687.jpg

 

眼鏡の貴重な文献を見せてくださった、代表取締役の水嶌 基博 氏。徹底した素材への探求はもとより、過去の技術の掘り起しや継承にも力を入れられています。

今回は、自社ブランドのMIZ JAPAN COLLECTIONMIZ WATCHなどについてお話を伺いました。

  

 

C04756.jpg

 

30年にわたり使用するゴールドの素材は、現在18金のイエロー・ローズ・ホワイトと14金のホワイトの4種類・3色。特に、ローズ(ピンク)とホワイトは自社で開発した、眼鏡フレームに最適な素材だそうです。

そのほか、MIZ JAPANではシルバーやプラチナなどの貴金属や、往年の眼鏡素材であるサンプラチナ、杉の強化板材なども使用されています。

 

C04825.jpg

 

ステンレスのフロントとゴールドのテンプルのコンビネーションフレーム

薄さ6㎜のフロント部分にも、複雑な模様が機械加工によって削り出されます。

 

C04777.jpg

 

最新技術で製造された、オールサンプラチナ製のクラッシックなモデル

 

C04746.jpg

 

  

C04704.jpg

 

C04692.jpg C04693.jpg

 

C04701.jpg

  

 

必要な治具や金型も自社で作製。

サーボプレス機と熟練の技術により、様々な金属の高精度な加工にも対応しています。 

 

C04699.jpg

 

 

 

 

デザインから仕上げに至る一貫生産で、問屋さんごとの小ロットのOEM製品の提供も行われているそうです。

 

MIZ JAPAN

↓ 詳しくはこちら ↓

mono.jpg

 

水島眼鏡株式会社

 〒916-1115  福井県鯖江市落井町43-71 

TEL0778-65-1533  FAX0778-65-2855

http://miz-opt.com

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sabae.org/blog/mt-tb.cgi/1268