受賞の最近のブログ記事

 

「めがね産地鯖江」で、高精度な各種プラスチック成型金型の設計・製造及び成型部品の製造・販売を行う、

株式会社前澤金型(代表取締役社長 玉田 隆則 氏)。

  

DSC01781.JPG

 

3月26日、経営資源の有効活用等による市場開拓や需要取り込みなど、様々な分野で活躍している企業として、

中小企業庁から2018年の「はばたく中小企業・小規模事業者300社」【需要獲得部門】に選定されました。

本年は福井県内から全部門で7社が選定され、需要獲得部門では丹南地区で唯一の選定となりました。

 

DSC01791.JPG

  

 

同社は、3Dプリンター導入により、日常生活で違和感なく使えるデザインと機能性を高めた、顔認識のセキュリティ対策・プライバシー保護用の「めがね型プライバシーバイザー」を開発。

既存産業の眼鏡業界に新たなカテゴリー製品を創り上げ、産官学共同研究の成果に独自解釈を加えて、先端的なものづくりを行った技術移管のモデル事例として、評価を受けました。

 

以前より積極的な産学連携に取組み、自社をはじめ眼鏡産地鯖江全体としての「ものづくりの手法や技術」を再評価しPRしていくことで、後継者の確保・育成にも力をいれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

mono.jpg

 

株式会社前澤金型 成型工場(本社)

〒916-0083  福井県鯖江市石田上町51-11-1 

TEL0778-53-2586  FAX0778-51-3205

金型工場

〒916-0012 福井県鯖江市東米岡2-2-4

TEL0778-52-6091

http://www.maezawa-mold.jp